低分子コラーゲンは浸透力が高い|即効性のある成分

シニアの夫婦

腸が健康ならば身体も元気

錠剤

一度に違う種類を沢山摂る

腸の中で腸内環境を保つために働いている善玉菌には沢山の種類があり、その沢山の種類の総称を乳酸菌と呼んでいるそうです。この一つひとつの乳酸菌は酸素の有無で生きられる菌やそうでない菌もあると言われています。またこの菌は種類ごとに効果が違っており、便秘予防や免疫力・アレルギーの改善ややコレステロールを低下させ癌の予防効果にも働くことが最近の研究でわかってきています。そこで、腸には大腸や小腸等がありますが乳酸菌は腸の中でも生きられる場所が違っていますから、それぞれ違ったところで活躍する乳酸菌を摂る様にしなければなりません。毎日多くの種類を摂るには限界があるのでサプリメント等を上手に利用して摂る事が必要になります。

病気の予防になる

サプリメント等には複数の乳酸菌が含まれているため、毎日の食事で摂ることの出来ない菌を手軽に摂れるようになります。また、乳酸菌は女性に多い便秘に効果があり、この菌が作り出す乳酸が腸を活発にする働きがあるのでしばらく摂ることによって便を身体から排出してくれます。また、腸内で善玉菌が増える事で免疫力が高まり、風邪の予防や癌になりにくい身体へと作り上げてくれるのです。この様に腸の働きを良くすることで色々な病気になる事も予防してくれますから、ヨーグルトやチーズ・納豆等の発酵食品等を食事で摂りながら一緒にサプリメントで足りない分を補うようにしましょう。乳酸菌は体質によって相性が大きく変化すると言われています。そのため、まずはいろんなサプリメントを試してみて自分に合った菌を探しだすことが大切です。